24時間Web簡単ネット予約

セラミックの寿命

セラミックの寿命

約10〜20年。10年未満で交換になる場合もあれば、20年以上使用できる場合もあります。

これを聞いて、「思ったより長いな」と思う方もいらっしゃれば、「それしか持たないのか」と思う方もいらっしゃるでしょう。

銀歯の寿命は、約2〜5年とお伝えしましたが、ただただ何倍と思わないでください。 銀歯や保険のつめもの・被せ物は汚れや変形が起こりやすいものです。わからないうちに、隙間から汚れが入り、詰め物の中で虫歯が大きくなってしまい、症状が出る頃には虫歯は大きくなっていて、歯を削らなくてはいけない量が増えてしまいます。そうすると、残っている歯の量が減り、神経をとるほどであれば、歯が脆くなってしまい、強度も落ちてしまいます。

悪循環が起こってしまうのが分かりますか。詰め物や被せ物の寿命もありますが、歯の寿命も短くなってしまいます。

寿命とはありますが…

必ずしも、その寿命で終わりという訳ではありません。一生使われる方もいらっしゃいますし、虫歯になってまた外さなくてはいけない場合もあります。

なぜならば、歯並びや磨き方、噛み合わせや生活習慣は人によって様々だからです。

セラミックだって虫歯になりにくいと言われているのか

銀歯より生体親和性(体に馴染む力)が高く、詰め物として、長い間しっかりと密着するので隙間ができることはほぼなく、2次虫歯が発生しにくいからです。

以前も、「銀歯の寿命」でお話したように、銀歯が経年劣化することによって銀歯と歯の隙間に空洞ができ、そこから虫歯菌が入り銀歯自体が虫歯になることはありませんが、2次虫歯に陥ってしまうことが多いです。

安心保証・メンテナンス

当院では半年に1回の定期検診のお願いをしています。

お口全体の噛み合わせや、お口の清掃などを行い、いつまでも美しい状態のセラミックをキープ出来るメンテナンスです。このチェックを受けて頂くと、通常使用時、万が一の破損などに無料で対応をしております。

※各保証期間についてはお問い合わせください。

毎日のケアはしっかりしましょう

良い治療を受けても、いい材質のものを入れても、その後のケアが疎かになってしまうとよくないです。縁から虫歯にならなかったとしても、歯周病によって歯を支えている骨が減ってくると歯がぐらぐらし、将来的に歯自体を失ってしまう場合もあります。

毎日の歯磨きをしっかり正しく行うことと、歯医者さんでのプロのケアが大切です。