24時間Web簡単ネット予約

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックとは

人工ダイヤモンドが入っている、セラミックの中ではとても硬い材質です。オールセラミックやジルコニアセラミックは、メタルボンドセラミック・ハイブリッドセラミックに比べて、審美性に優れた材料になります。

ジルコニアセラミックのメリット

・強度と耐久性に優れています。歯ぎしりやくいしばりで力の加わる奥歯でも、割れにくい。

・見た目が自然に近い。金属を使っていないので、歯ぐきとの境目に金属が見えない。

・金属アレルギーの心配がない。

・汚れがつきにくいため、清潔を保てる。2次虫歯になりにくい。

ジルコニアセラミックのデメリット

・保険が効かない

フルジルコニアというものもあります

フルジルコニアは、全てがジルコニアなのでとても強度があります。しかし、セラミックのような審美的な色合いや自然感を出すことは難しいので、当院では、奥歯にご提案が多いです。

見た目の微妙な綺麗さが目立ちにくい、気になりにくい奥歯やブリッジにおすすめです。

また、硬いため対合の歯が負けてしまう事もありますので、入れる際は周りのお口の環境を見させていただいてご相談いたします。

安心保証・メンテナンス

当院では半年に1回の定期検診のお願いしております。

お口全体の噛み合わせや、お口の清掃などを行い、いつまでも美しい状態のセラミックをキープ出来るメンテナンスです。このチェックを受けて頂くと、通常使用時の万が一の破損などに無料で対応をしております。

※各保証期間についてはお問い合わせください。

毎日のケアはしっかりしましょう

良い治療を受けても、いい材質のものを入れても、その後のケアが疎かになってしまうとよくないです。縁から虫歯にならなかったとしても、歯周病によって歯を支えている骨が減ってくると歯がぐらぐらし、将来的に歯自体を失ってしまう場合もあります。

毎日の歯磨きをしっかり正しく行うことと、歯医者さんでのプロのケアが大切です。