24時間Web簡単ネット予約

電動歯ブラシ

今回は、電動歯ブラシについてです。

最近いろんな種類の電動歯ブラシが出てきて、手で磨くのと電動、どっちがいいの?と思うことはありませんか? いろんな種類の電動歯ブラシが出てきてみなさんが興味を持つようになったのか、私達たちスタッフも、ここ最近どちらがいいのかと聞かれることが多くなりました。

当院では、手で磨く方をお勧めしています。 理由は、振動が強くて早い電動歯ブラシでは、使い方にもよりますが、歯の根本が削れてしみてしまうこと(知覚過敏)があります。 「最近、歯がしみるんです。」という方に、「どんな歯ブラシ使っていますか?」と聞くと、電動つかっている方が、結構多いんですよね。

また、電動ブラシの毛先は金額が高く、耐久性を持たせるために、毛の部分が固くなっているものもあります。 使い方を知らずに、ただ良いと思って使っていると、どんどん歯が削れてしまうのですね。 電動歯ブラシは、人の手では動かせないほどの高速で振動し、歯についた汚れを簡単に落としてくれます。大切なのは正しく使えるかどうかです。
ここで電動と手動の比較をしてみましょう。

電動と手動の比較

金額     電動 数千円から数万円    
       手動 数百円 

清掃時間   電動 短い           
       手動 電動に比べて長い

清掃力    電動 高い、歯周ポケット内も清掃可能
       手動 普通、部位によって細かく動かしていく必要あり

維持費    電動 かかる(電池や電気代、交換ヘッド代)
       手動 かからない

歯への圧力  電動 一定
       手動 不安定

使う人や使い方によってどちらが良いかは変わってきます。
ご年齢や性格、好み、お口の中の状態によっても変わってきます。
そのため電動歯ブラシの方がおすすめ、手で動かす歯ブラシの方がおすすめ、とは断言し難いですが、電動歯ブラシでも上手く操作できなければ汚れは残ります。普通の歯ブラシでも上手く操作できればほとんどの汚れを落とすことができます。 電動歯ブラシは誰でも簡単に汚れを落とすことができると言いましたが、最初にもお伝えしたように正しく使うことができればの話。

当院では手で磨く方をお勧めしましたが、手で磨く方も、磨いた感じがしないからといって、硬い歯ブラシで、ゴシゴシ歯を磨かないように気をつけてくださいね。はぐきに傷がついて、バイキンが入って腫れたりします。 電動歯ブラシを使用する際は、種類もたくさんありますし、ヘッド大きさも自分に合ったものを選びましょうね!