24時間Web簡単ネット予約

定期検診

自覚症状がなくても、むし歯や歯周病にかかっている場合もあります。
痛い部分だけ、気になる部分だけ、といった応急治療もできますが、的確な診断とお口全体のバランスを考えた治療や、むし歯の早期発見には、しっかり検査して、お口の中の情報を知ることが必要です。
当院では、基本的には半年に1度定期検診を行っています。歯周病が進んでる方や、磨くのが苦手な方については、もう少し短い期間で定期検診を行っています。

定期検診で歯石とりも行っていますが、毎日の歯磨きや生活習慣の改善も大切です。
患者さんからは、「毎食後ちゃんと磨いているのに、どうしてむし歯になるの?」といった声も聞きますが、歯磨きの方法が正しくなかったり、磨けてない部分があるといったことがよくあります。 鏡を見てもらいながら、ここに磨き残しが残りやすいですね。とお話しさせていただくと、「あーーほんとだ」と歯ブラシが当たりにくいところを再度確認できます。

クリーニングの最後には、口腔内クリーニング(PMTC)専用器具を使用して徹底した口腔内クリーニングを行います。
歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、歯周ポケットなど普段の歯ブラシでは届きづらい場所や歯面に付着したバイオフィルム(微生物の集合体)、お茶やコーヒーのステイン、たばこのヤニ汚れなどを機械的に掃除して、お口の中を隅々まで綺麗にします。
歯の表面のヌルヌルも取れてスッキリとしますよ。
                                                                                                                                                                                            毎日の歯磨きは大切ですが、歯磨き方法が正しくないと効果はないですからね。
日々のお家でのケア定期的なプロのケアの両立が、楽しい食生活や、お友達とのおしゃべりするときの見た目に、お仕事で出会う方に対しての好感度を上げること間違いなしです!

また、早期発見できるように虫歯のチェックも定期検診で確認しています。 初期の虫歯はまだ黒くなっていないので鏡で見ても分かりませんし、痛みなどの自覚もありません。
神経が死んでいると歯はもろくなり、なんらかの異常があっても自覚できません。また、過去に治療してかぶせたり、つめたりしてる歯と歯の隙間が細菌のすみかとなり、再度虫歯になる可能性があります。
症状が進行してしまってからでは、治療期間も長くなり、通院回数も増え、治療の負担も大きくなります。
症状の進行具合によっては歯を抜くことにもなる場合もあります。

早期発見、早期治療で天然の歯を長持ちさせられるよう、定期検診に通いましょう!

わたしたちと協力しあって、いい環境のお口の中を保っていきましょう! 美容院やネイルサロン、マッサージを行って身体の手入れをするのと同じように、ご自分のお口にも気を使ってみてください。

もちろん、定期検診で通っていても痛みや違和感を感じるときは、初期段階で治療することが大切ですので、予約を待たずに早めにいらしてくださいね。