24時間Web簡単ネット予約

インプラント 〜インプラントをするタイミング〜

  • HOME
  • ブログ
  • インプラント 〜インプラントをするタイミング〜

抜歯後、すぐにインプラント治療をした方がいいのか

残っている歯と周りの骨の状態によります。

抜歯と同時にインプラント手術をした方がいい場合と、抜歯後期間を空けてから打った方がいい場合があります。すぐに打つ場合は、治療期間の短縮になります。当院でも、抜歯と同時にインプラントを入れる場合があります。抜く予定の歯が、悪くなってない場合。抜歯する歯の周囲の炎症がある場合は歯を抜いてから、数ヶ月あけて、ある程度骨ができあがってインプラントを打ちます。

抜歯後何年も経っているとインプラント入れられなくなるのか

骨の状態によって変わりますが、骨を足して打つこともありますので、諦めずまずは御相談ください。

インプラントを考えていますが、自分の歯をなるべく残したいのでギリギリまで自分の歯を使ってその後インプラントにしたいと思っている方

患者さんによっては、噛めなくても自分の歯をギリギリまで残しておきたいと思う人もいれば、もういずれダメになるのであれば、早く抜いてしっかりと噛めるようにしたいと思う方、色々いらっしゃいます。

インプラントにする予定があるのであれば、骨の状態をしっかり確認することが大切です。入れ歯やブリッジにするのであれば、骨が少なくなっても作ることは可能ですが、インプラントを入れる選択肢があるのであれば、骨がないと打つことができません。

限界までその歯を使っているということは、多少なりとは周りに炎症が起きているでしょう。その場合は、インプラントが入るまでに時間がかかったり、最悪な場合はインプラントが打てなくなることもありますので、医師と相談して骨の状態を確認することをお勧めします。