24時間Web簡単ネット予約

入れ歯(デンチャー・義歯)

入れ歯とは

何らかの理由で、歯がなくなってしまった場合の治療法の一つです。

手術が必要なインプラントや、両隣の歯を削る負担が大きいブリッジの嫌な方は、入れ歯をご提案してます。

入れ歯には保険が適用できるもの、自費でつくるものがありますので、患者さんが納得して使える、お口にぴったり合ったものを相談し、おつくりします。

入れ歯を作る流れ

①入れ歯を作るための型取りをします。お口の中が複雑な方は、患者さまにあったトレー(個人トレー)を作成したのち、再度型取りをさせていただく場合があります。

↓ 1週間後

②噛み合わせの高さをみます。

↓ 1週間後

③入れ歯の仮合わせをします。歯並びなどもみます。

↓ 1週間後

④入れ歯が出来上がります。

⑤歯ぐきに傷などがないか確認のためチェックに来ていただきます。

その後は、使っていて不具合があるときに調整になります。

入れ歯の種類

・保険適応義歯

バネ(クラスプ)のある部分入れ歯

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工の歯がついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるもので、歯がないところが1本だけの場合から、歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。 


ブリッジが抜いた歯の両隣の歯(支台歯)を多く削って被せるのに対し、部分入れ歯はバネをかける歯(鉤歯)を少し削るだけですむのが利点ですが、ブリッジに比べて安定性が劣る、バネなどによる違和感があり、食べ物がつまりやすいなどの欠点があります。 


そのため、一般に部分入れ歯が選択されるのは、ブリッジで対応できないケース(連続した欠損歯が多数ある場合など)や、ブリッジが可能でも患者様が「歯を削りたくない」と希望する場合にお作りすることが多いです。

バネの部分が金属で出来ているので、大きな口をあけたときなどは目立ちます。

総入れ歯

総入れ歯(フルデンチャー)とは、自分の歯がまったくない場合に使われるのが総入れ歯です。

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。 保険適応の範囲で作られる入れ歯は、床と呼ばれる入れ歯の土台部分がプラスチック製になるのが一般的です。

強度を強くするためにプラスチックを分厚く作り、そのために熱の伝わりが悪かったり装着時は厚みからくる違和感があります。

・ノンクラスプデンチャー(保険適応外)

人工樹脂の弾力性がある素材を使うため、歯を固定するバネ(クラスプ)がいりません。人口樹脂の歯肉色の素材なので、見た目もよく、部分入れ歯を着けていることがわかりにくいです。

弾性がある人工樹脂を使いますので壊れにくく、保険の樹脂の部分入れ歯よりも薄めに作れますそのため、軽く感じるので違和感が少ないようです。

弾性がある人工樹脂を使いますから、噛む力の負担が減り、部分入れ歯にありがちなバネ(クラスプ)で残存歯を痛めることが少ないです。

・金属床義歯(保険適応外)

金属床入れ歯の場合、金属を使うため強度がでます。

そのため保険入れ歯よりも薄めに作ることができ、違和感や異物感を感じにくい入れ歯を製作することができます。

また、食物や飲料物の温冷が伝導されて、食事をするときに快適となります。

入れ歯は最初異物感を感じやすいですが次第に慣れてきます

入れ歯は自然の歯とは違い、口にとっては異物です。

よって違和感があるのは当然とも言えます。

入れ歯を初めて入れた方は、「こんなものを入れたら食事がしづらい」とおっしゃると思いますが、もう使いこなしている方は、「入れ歯がないと食事しづらい」ときっとおっしゃいます。

要は慣れなのです。異物感や発音は、基本的には2週間~1ヶ月程度で慣れてきます。

また、頬や舌を噛む、ということも次第になくなってきます。

入れ歯が初めての方は、みなさん苦労されます。しかし、入れ歯を付けないでいると入れ歯が合わなくなるだけでなく、お口の中にも様々な悪影響を及ぼします。

入れ歯をつけてしばらくの間は「慣れる」「調整する」必要があります。

例えば靴。新しい靴は、疲れやすかったり、痛かったりといった事がありますが、履き続けることで、足に馴染み快適に歩くことが出来る様になります。

入れ歯も同じように食事や話し方に慣れ、痛みがあるときは調整し、徐々にお口に馴染ませることが必要です。

また、入れ歯を何個も作製している方でも、歯並び等が変わると最初は慣れずに発音しづらかったりします。これも次第に慣れてくる場合がほとんどです。

噛むということは大切なこと それよりもさらに大きな問題となるのが、しっかり噛めないことにより「全身の健康を損なう」ことです。

口の健康は全身の健康に直結しているため、しっかり噛めなくなることで脳に刺激が伝わらなくなり、脳の活性化、ストレス解消、生活習慣病の予防などの大切な働きが妨げられるようになってしまいます。

つまり、しっかりと噛むことが全身の健康を支えるといっても過言ではないのです。「入れ歯に抵抗があるから」や「慣れない」とすぐ辞めず、慣れる努力をしてみてください。