24時間Web簡単ネット予約

虫歯とは?

虫歯ってなぁに?どうしてなるの?

歯に穴があくことです。歯にくっついた細菌が作る「酸」によって歯の表面が溶ける脱灰(歯の表面が白く柔らかくなり始める)してきます。普通は、ツバの働きによって歯の表面が、再石灰化(歯の表面が固くなる)されて、元に戻りますが、この再石灰化が間に合わないと脱灰が進んでしまい、虫歯になります。

虫歯の原因と防ぐために

4つの条件が揃ったときに発生すると言われています。

①歯質(生まれもった性質など)

<原因>歯・唾液・歯並び・年齢・生活週間・服用する薬の種類などにも影響する。

<対策方法>ツバにはお口の中を中性にする働きと殺菌作用があります。そのため、ツバを口の中にある状態を保ちましょう。ツバが少ないと感じる場合は、ガムを噛んだりしましょう。

②原因菌(酸を出す虫歯菌)

虫歯菌(ニュータンス菌)歯生まれた時には持っていません。子供の歯が生え始める1歳半〜生え揃う3歳半くらいまでに虫歯菌の感染を防ぐことが大事。 <原因>主に家族感染で多くの人が虫歯菌に感染してしまいます。

<対策方法>大人になってから虫歯菌をなくすのは難しいです。そのため、虫歯菌の動きを助けないように他の3つの条件を揃えないようにしましょう。

③糖質(虫歯菌の餌)

<原因>虫歯菌(ニュータンス菌)の餌。これを食べて「酸」や「虫歯菌のすみ家(歯垢)」を作ります。

<対策方法>糖質の多い食事や甘いおやつを食べるのを減らしましょう。

④時間(酸にさらされている時間)

<原因>歯が酸にさらされている時間が長いこと。

<対策方法>なるべく早めに歯磨きをする。長時間食事を続けたり、自然に口の中が中性に戻る前にまた間食するのはお勧めしません。

こんな人は虫歯のリスクが高め

・虫歯になったことがある人

・歯並びが悪い人

・磨き残しが多い人

・甘いものをよく食べる人

・一日中食べたり飲んだりする人

・歯磨きをあまりしない人

・定期検診を受けない

虫歯にならないために

歯を磨けているかいないかの自己判断よりも、定期的なプロのケアと点検をすることを強くお勧めします。 お口の中には数百億の菌が存在しています。プロの手で除去する必要があります。歯石があることによって味覚も濃いものを好むようになります。成人病にも影響してきます。