虫歯 ・小児歯科の質問に答えています|新潟市 ふなえ歯科医院

◆ 虫歯 ・小児歯科 Q&A

 歯の痛み・今後の治療をお考えの方、なんでもご相談ください。


◆ 虫歯 Q&A


Q1:虫歯ができやすい人っているの? 
確かにいます。理由がいろいろありますので、定期検診・治療の時などに、一緒にご相談いただいても良いですし、こういう相談だけでもお気軽に来てください。
(主な理由は、正しい磨き方を知らない、生活習慣、などなど)

Q2:虫歯にならない方法はあるの?
はっきり言うと、「定期検診」です。
必要により歯垢をとったり、現状からもう少し気をつけて方が良い点などアドバイスします。
歯医者は虫歯を治療するだけではなく、虫歯にならないためにも協力いたします。

Q3:以前治療した歯が痛いんですが・・・?
痛みには必ず理由があります。素人判断しないで医師に相談しましょう!
(例えば、歯が割れている、歯周病、不完全な治療 などなど)

Q4:冷たいものや熱いものを食べると歯が痛むのは虫歯?
虫歯の場合と、歯の磨きすぎで「歯が削れている場合」があります。

Q5:虫歯かもしれないが、痛くないのですが?
「何もなければラッキー!」なので、一度来院して診せてください。
何もない場合、料金はかかりませんので、定期検診のつもりでお越しください。

でも、本当に虫歯なら、早く治療した方が良いですね!
→ 早い方が、「治療時間が短く」 「歯もあまり削らず」に済みます。

Q6:同じ歯を何度も治療できるの?(歯がなくなってしまいそう!)
そういう不安など医師に相談してみてください。
   適切な治療方法が必ずありますので、アドバイスいたします。

Q7:銀の詰め物はカッコが悪くてイヤなんですが・・・
歯と同じ色の詰め物もありますので、詳しく聞いてください。

※患者さんのなかには、詳しく話を聞いてしまうと「高い方にしなければ・・・」と思ってしまう方もいるようですが、歯医者は“悪徳セールスマン”ではないので、そんなことはありません

◆ 小児歯科 Q&A


Q1:乳歯が抜けないうちに大人の歯が生えてきました!
放ってよい場合もあるのですが、歯は一生ものです。 必ず医師の判断を仰ぎましょう。

Q2:虫歯予防にフッ素が良いと聞くけど・・・
確実に虫歯になりにくくなります。
信用できる歯医者を見つけて、お子さんのためにも相談しながら虫歯予防をしましょう!

Q3:フッ素はいつからするの?
基本的に上下の歯が生えてきたらします。虫歯になりやすいお子さんもいますので、ご相談は早めに!

Q4:乳歯が今にも取れそうなのですが・・・
無理に抜かない方が良いと思いますが、ケースによっては抜いた方が良い場合があります。 一度受診することをお薦めします。

Q5:歯医者に行くと、子供が大暴れするのですが・・・
お子さんと医師の信頼関係の問題です。 定期検診などで歯医者に親しんでください。
痛い思いをしていなければ怖さもありません。
みんな良い子なんですから、一緒にお子さんを虫歯から守りましょう!

Q6:スポーツで顔がぶつかった時に、歯が抜けてしまったのですが・・・
歯を牛乳の中に入れてすぐに持ってきてください(乾燥させないようにしてください)。
9割の確率で元にもどすことができます。 ⇒これは覚えておいてください。

Q7:子供がすきっ歯はなんですが・・・
すきっ歯で心配される方が多いですが、ほとんどの場合心配いりません。
 (むしろ、虫歯になりにくくて良いぐらいです)
ただし、先天的に異常がある場合があるので、念のため一度医師に診せましょう!

Q8:乳歯が抜けた後に、大人の歯が生えてこないのですが・・・
あまり生えてこなくて心配でしたら、一度レントゲンを撮りましょう。


↑ PAGE TOP