矯正歯科で、キレイな歯並びにしませんか?|新潟市 ふなえ歯科医院

◆ 矯正歯科

  矯正歯科とは・・・

最近、歯並びについてよく耳にするようになりました。

例えば、学校で行なう歯科検診でも、虫歯をチェックするだけでなく、歯周病と歯並びについても項目が追加されています。

◆ 歯並びの影響

  歯並びが悪いとどのような影響があるのでしょうか?
それは、健康面と精神面の2つあると考えられています。

1.健康面
食べ物をよく咀嚼(そしゃく)できない、歯に食べ物がはさまり虫歯になりやすいことが、簡単に考えられる影響です。
もし、かみ合わせが悪いと、いざと言う時に力が入らず、運動能力が充分発揮できなかったり、物事に集中できないという原因にもなります。

2.精神面 
歯並びが悪いことに劣等感を持ってしまい、人前で笑えなかったり、人前に出ることが臆病になったりすることがしばしばあります。

◆ 施術例


 例1: 空隙歯列 (歯間のすき間)
一般的に言われる「すきっ歯」のことですが、
 他人からの見た目を気にされて来院される方が多いようです。

また、すき間があると、食べ物が詰まり虫歯になりやすく、
 すき間が大きいと、空気が漏れ発音が不明瞭になることがあります。

 例2: 反対咬合 (受け口)
反対咬合とは下の前歯が上の前歯より前に出ている状態で、受け口とも言われます。

子どもの「受け口」は是非 早期に治療したいものです。
大人になるほど矯正が難しく、子どものうちなら成長に合わせて治療しますので、お子さんへの負担が軽く済みます。


 例3: 叢生 そうせい (八重歯など)
叢生(そうせい)とは、八重歯などで、歯並びがデコボコになっていることを言います。

これも、虫歯や歯周病の原因になりますので、早めの治療をお薦めします。



↑ PAGE TOP