インプラントで自分の歯の感覚を取り戻しませんか?|新潟市 ふなえ歯科医院

◆ インプラント

 インプラント(人工歯根)とは・・・

インプラントとは、歯周病などで歯が抜けてしまったり、抜かざるを得ない場合の治療法の1つです。
今では一般的になりましたが、人工の歯を使い今まで通りの歯を再現するものです。
通常、保険内の療法では「ブリッジ」という方法を取りますが、この方法は健康な左右の歯で支えますので、どうしても他の歯に無理が生じてしまいます。
これに対しインプラントは人工の歯を顎(あご)の骨に固定していまいますので、他の歯に負担をかけることなく、健康な歯と同様な感覚でお食事が楽しめます。

◆ インプラントの説明


 インプラントの詳細
インプラント治療についてもう少し説明します。

1.まず、歯の抜けたところに人工歯根(インプラント)を顎(あご)の骨に固定します。
  ※この手術は抜歯程度のものです

2.その後、インプラントに歯肉が定着する時期をみて、上から人工の歯冠を装着します。

備考;ただし、患者さんによっては顎の骨が弱っていたり治療できない場合もありますので、ご相談ください。

 ブリッジとの比較
ブリッジについては、説明するまでもないくらい知られていますが、簡単に説明します。

1.まず、抜けた歯の左右の歯を削ります。

2.そして、3つの歯がつながった人工歯冠をかぶせます。

備考;先にも記述しましたが、左右の歯に無理がかかりますので、もとの健康な歯に近い感覚ということではインプラント治療がお薦めです。


 すべての歯をインプラント
これは下の歯すべてをインプラントにした場合です

通常1〜2本をブリッジのようにインプラント治療しますが、このように総入れ歯のようにすることも可能です。

備考;総入れ歯になると、どうしても自然の歯と比べると違和感を持たれる方が多いようですが、インプラントで解消できます。


↑ PAGE TOP